不動産投資の疑問やポイントなどをご紹介しています

収益用不動産の節税効果について

収益用不動産の節税効果 収益用不動産として賃貸経営をおこなっていると、節税効果が得られます。これは事業活動として認められることで、様々な経費を計上できることが理由です。さらに他の所得と不動産経営による収入や経費を合算することができます。
そしてその収入に対して経費が多くなれば、所得金額を下げることができるというわけです。その結果、納めるべき税金は安くなりますし、サラリーマンのように天引きされていれば還付金を受け取ることになります。経費として計上できるものとして、まずローン返済の金利部分があります。
これは元利金等返済であれば最初のうちはほとんどが金利の支払いとなります。そのために経費計上できる金額はかなり多くなるわけです。そして建物の減価償却費も経費として計上できます。
これは躯体と建物に分かれますが、マンションのような鉄筋住宅は長い年数にわたって経費として申告できるものとなります。他にも不動産経営に関わる経費があれば、申告することができます。

儲かりすぎる不動産は節税対策にならない?

儲かりすぎる不動産は節税対策にならない? 不動産で投資をお考えの方は、その収益に関していくつか知っておく必要があります。その投資に関して、比較的手間のかかりにくい方法として人気があります。
しかし、初期投資費用がかかるため、手軽には手を出しにくいということが言えます。その物件いかんでは比較的安定した収益を上げることができますが、収益を上げる物件であればその分税金がかかるため、あまり優良物件すぎると節税といった観点では効果が低いと言えるでしょう。
しかし、あまりにも収益が低すぎると、その物件価値の下落に対してその投資費用の回収が難しくなります。そのバランスを見極めることが不動産投資を節税目的で行う際には重要だと言えます。
その投資額から考えると、かなり大きな資産で投資を行なっている場合でなければ、その節税という観点では効果が低いためあまりおすすめはできません。どちらかというと、しっかりとした投資を行いその投資額を回収した上で売却という正攻法の投資の方が向いていると言えます。

新着情報

◎2018/5/8

利回りを把握し資金計画を立てる
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

不動産の生前贈与はお得?
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

大手VS地域密着型店舗!
の情報を更新しました。

◎2017/11/2

収益用不動産の節税効果
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

投資の注目ポイント
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 税」
に関連するツイート
Twitter

マンション買っちゃいなよ! 固定資産払っちゃいなよ! 僕が君を裏切っても、不動産は君を裏切らないよ (2013/07/16 山田涼介) youtube.com/watch?v=wON9G4…

Twitterへいせいわーずbot@hsw_bot

返信 リツイート 3:20

【中野区 不動産】毎年めまぐるしく変わる住宅にまつわる制も、是非お問い合わせ下さい。相続対策、贈与対策、住宅ローン控除、買い替え特約等々・・・損しない不動産売買をご提案致します!不動産のことなら中野不動産~フェイス住販へお気軽にお問い合わせ下さい!

新築の一戸建てやマンションを事業者から買った場合、建物に消費がかかる。個人間の不動産取引は仲介業者を挟んでも建物に消費がかからない。

不動産投資を行うことにより節できるのは、所得・住民・相続です。

持ち帰り仕事も終えて、家のことパラパラ片付けてたら… 不動産取得支払いのお知らせとか、なんちゃら保険の一括支払いとか。ぼーなすちゃん、もう少しウチにいてくれても良かったのよ…

RT @SENTAKUmagazine: 中国人が取得した日本の不動産で、固定資産の未納、というより意図的な「脱」が横行。表沙汰にしたくない自治体は、「不納欠損処理」という手続きで、金取りっぱぐれを「隠ぺい」しています。 まじめな納者は、ぜひ記事を読んで怒ってください…

不動産投資のメリットとして以下の3つが考えられます。 比較的、安定した収入 インフレに強い 節効果(所得、相続

Twitter中井と不動産投資講座@fud_dousan

返信 リツイート 昨日 23:44

不動産の売買において、建物の譲渡の場合は消費の課対象とはならないが、土地の譲渡の場合は課対象となる。正か誤か。 解答:誤 解説:全く逆です。

607続き1 おおくの理士が「不動産ねえ、あまり、おもしろくないと思うよ。名義変更の登記費用もかかるし…、贈与もかかるし…、あまり、不動産を贈与する人は、いないけどねえええ」 と、回答していると思う。 → 同意見ですが、このような回答は、お客様は困ります。

その607、 「お金じゃなく、不動産を生前贈与して将来の相続を節するのって  どう思いますか??」 と、よく相談される。 みなさんは、どのように回答しているのでしょうか???