不動産の生前贈与はお得?

不動産の生前贈与はお得?

不動産の生前贈与はお得?  不動産の生前贈与には以下のようなメリットやデメリットがあります。
① 将来の被相続人の意思に沿った贈与を行うことができます。
 生前贈与に対して、相続の場合、遺言書を定めていても相続人の申し立てにより被相続人の希望通りには、不動産を相続人に贈ることができない場合があります。
② 比較的短時間で贈与することができます。
 将来の被相続人と受贈者との間で贈与契約書を交わし、所有権移転登記をすることで比較的短時間で贈与することができます。これに対して、相続の場合、遺産分割協議をせねばならず、長い時間がかかります。
③ 相続税の節税ができる場合があります。
 暦年贈与を使うことで年間110万円までなら非課税で贈与できます。また、直系尊属からの贈与の場合、相続時精算課税制度を利用すると、2500万円まで非課税で贈与できます。この場合、非課税部分に対して相続時に課税されることになります。尚、これらの制度はどちらかだけを利用することができ、併用することはできません。
④ 不動産の遺産を減らすことができ相続時の遺産分割協議でのトラブルを避けられる。
 しかし、場合によっては、特別受益者を生むことで、相続時、逆にトラブルを生むこともありえます。
まとめ
 不動産の生前贈与をうまく利用すればメリットも多いが、逆にトラブルを生むこともある。専門知識をもった弁護士に相談することでトラブルを防ぐことができます。

不動産分与の注意点

不動産分与の注意点 離婚などで不動産を分ける場合、贈与税が課税となるポイントは、過剰な分与であるかどうか、または税金逃れなどの偽装離婚が疑われる場合などです。
夫婦の片方が専業主婦など無職であっても、婚姻中に形成した財産の平等な分け合いであれば課税されません。
そして離婚を装って贈与税や相続税の税金逃れだと認められなければ課税の面で問題にはなりません。
しかし、分与する不動産がローン返済中の場合は注意が必要です。
金融機関と住宅ローンを契約した際、通常、所有者や所有名義を一方的に変更した場合は、借入金の一括返済を求められる条項が含まれています。
そのため離婚協議に返済中の不動産が含まれえる場合は、必ず事前に金融機関に相談しましょう。
そして夫婦の片方の収入のみで住宅ローンを返済中の場合、離婚の際に収入の少ないもう片方に名義を変える場合も金融機関の了解が必要になります。
離婚後に収入の少ない側がローン返済をしていくため、返済能力の面などで金融機関に借主変更に応じてもらう必要があるからです。
また、元夫婦の片方が拒否した場合には、離婚から2年を経過すると裁判所に対して請求が出来なくなるという決まりがあります。
両者の合意さえあれば、離婚から2年以上経っていても財産分与は可能です。
いずれにしても、離婚の際には早期にきちんと協議書をまとめておく必要があります。

新着情報

◎2018/5/8

利回りを把握し資金計画を立てる
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

不動産の生前贈与はお得?
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

大手VS地域密着型店舗!
の情報を更新しました。

◎2017/11/2

収益用不動産の節税効果
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

投資の注目ポイント
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 生前贈与」
に関連するツイート
Twitter

税金について終活でできることは? ・自身の財産を把握する為に財産目録を作成する ・財産目録を作成したら相続税について考える ・相続税のことを考えて生前贈与をする ・死後の税金でご遺族が困らないように十分な預貯金も残しておく ・不動産などを自身で売却する などがあります

椿不動産のオリジナル不動産情報をお届けします。 相続人がいない土地を国へ生前贈与可能に tinyurl.com/y5q7vu3j #椿不動産 #tsubaki #広島の不動産情報

終活で考えるべき税金とは? 具体例を挙げると ・遺産相続をする場合は相続税 ・生前贈与をする場合は贈与税 ・不動産の名義変更をする場合は登録免許税 などがあります 税金について考える一番の理由は、家族が税金で困らないようにするためです

返信先:@s_ICD_ICT他1人 なるほど。 ということは極力不動産以外の資産を生前に移しておいて、負動産単身にしておく必要がありますね。 それなら、全ての相続を放棄したことになる。 もちろん生前贈与は合法的に。

✕ 正答率70% 不動産取得税は、有償による取得か無償による取得かを問わず、不動産を取得した者に課される。したがって、生前贈与(無償による取得)により不動産を取得したときには、不動産取得税が課される。 大原テキスト:amazon.co.jp/s?k=%E5%A4%A7%…

今回の相続法改正の背景。現行民法では配偶者の法定相続分が1/2だけど、それを2/3に増やすことを目論んで挫折。その腹いせに、やたらと配偶者に甘い改正となった。配偶者居住権しかり。配偶者間の自宅不動産生前贈与に対する、特別受益の持戻し免除しかり。政治的配慮がてんこ盛り。

RT @NeoTechLab: 最優先で考えなきゃいけないのは、①故郷に残した両親の介護が必要になったとき故郷に戻る選択が正しいのか否か?同居ではなくても都会に呼び寄せた方が良いのではないか?②相続予定の故郷の不動産は早めに生前贈与してもらって売り抜けた方が良いのではないか?固…

10月6日(日)野々市支店2F:不動産相続の勉強会を開催致! ※参加費無料です。 第86回 相続勉強会 step2 生前贈与、遺言書について 10:00~11:30 第87回 相続勉強会 step4 納税資金の準備、アパート建築による節税の仕組みについて 13:00~14:30 ご予約はこちらから sakura-home.co.jp/fudousan_souzo… pic.twitter.com/0fFn6aahQ9

Twitterさくらホームのさくらちゃん@sakurahomegroup

返信 リツイート1 10/5(土) 9:36

銀行に行った旦那から「印鑑忘れた」と言われ探して持っていったら、旦那と応接室に通されそこには義父母と不動産会社と土地の持ち主と銀行の人がいて、生前贈与と土地売買契約を目の前でされた。もうなにも言えなかった。しかもハウスメーカーも勝手に頼んでるし。

ふと2年前思い出した 辛くて辛くてどうしようかと 毎日泣いてた 仕事しながら帰りに病院寄って洗濯物持って帰ってきて洗濯して乾かして 市役所行っていろんな手続きしたり うちを手離そうと不動産屋さん行ったり 生前贈与だのなんだの(結局しなかったけど) まじ疲れた😖💦

Twitter清く正しくジャイアンツ愛♥️@jun0908jun

返信 リツイート 10/3(木) 21:55